FLOR LIBRE(フロルリブレ)について


花×アートの世界をもっと自由に愉しもう。
FLOR LIBRE

「花」と真摯に向き合って30年。

髙井由子は「花」の持つ本来の力、人の心を豊かに彩り、そして平和へといざなう力を信じ、それをアートへと昇華させ、様々な作品を生み出してきました。

空間装飾のスペシャリストとして、映像作品やイベント会場など、その空間の知られざる魅力をキャッチし、時代を代表する監督やクリエイター、そしてプロデューサーの方々とともに花やアートと調和する空間を作り上げ、人々に発信し続けてきました。

髙井由子が大切にしたいことは、花や自然への敬意を込めて、ひとつひとつの素材と丁寧に向き合い、インスピレーションとともに最高の形で表現することです。

そして2021年、更なる高みを目指して、
『FLOR LIBRE』を新たにスタート致しました。

「FLOR」はスペイン語で花、「LIBRE」とは自由を意味します。
髙井由子の「由」は自由の「由」。

そう、 花はもっと自由でいい。
芸術はもっと自由でいい。

アーティストが自身の作品にあれこれと講釈を垂れるよりも、
見てくださる人の数だけ「LIBRE」があり、そこに自分だけの背景を見出して欲しい。
その背景とは、時代の流れ、歴史、感情、記憶、思考など様々です。

私たちの日々はいつも「こうあるべき」「こうするべき」に縛られているから。
髙井由子の作品は、その作品と向き合う人によって初めて完成し、そして進化を遂げていく。

人々の日常に新しい芸術体験を。
生活に新しい「LIBRE」を。

伝えたいことは、もっと自由になれるということ。
私たち『FLOR LIBRE』は、花×アートのもたらす可能性を探し続けます。

TAKAI YOSHIKO

TAKAI YOSHIKO

フラワー装飾 1 級技能士、草月流師範、調理師、職業訓練指導員

15歳でいけばなを学び始め、以降30年に渡り花の道を歩む。1993年テレビセット装飾会社に入社し、数々のテレビドラマ、バラエティー番組、CM、舞台装飾、空間装飾等の分野での経験を積む。
2005年満を持して独立。有限会社doscoを設立し、代表取締役社長となる。
2019年には、映画『翔んで埼玉』の花空間演出の総合フラワーデザイン監修。その他多数のドラマ、雑誌、ウエディング、イベント等でのフラワー装飾やアートのデザイン・制作を行っている。
和の「いけばな」と、洋の「フラワーアレンジメント」のスタイルをミックスしたダイナミックな作品を得意とし、ロンドン、銀座で個展を開催。
ロンドンではNEVERに掲載されるなど大きな反響を呼んだ。

TV(抜粋)
2006年(テレ朝)
開局記念スペシャルドラマ「氷点」
2006年(TBS)
「徳光和夫の感動再会 ! 逢いたい !」(〜2015年)
2007年(テレ朝)
開局記念スペシャルドラマ「点と線」
2007年(テレ朝)
木曜ドラマ「ホテリア」
2008年(テレ朝)
開局記念スペシャルドラマ「鹿鳴館」
2008年(テレ朝)
開局記念スペシャルドラマ「男装の麗人」
2009年(テレ朝)
松本清張生誕 100 年スペシャル木曜ドラマ「夜光の階段」
2014年(TBS)
金曜ドラマ「アリスの棘」
2015年(NTV)
アガサ・クリスティ原作ドラマ「そしてもう誰もいなくなった」
2016年(TBS)
日曜劇場「IQ246〜華麗なる事件簿〜」
2019年(BS日テレ)
「Artist」毎週月曜 5:00〜5:30 放送音楽番組 (レギュラー)
空間(抜粋)
2008年(モリタウン)
空間花装飾
2010年(星の王子様ミュージアム)
クリスマスツリー(〜2017年)
2010年(金町セントマリーチャーチ)
空間花装飾(〜2015年)
2014年(アトレ恵比寿)
エビニスタ BAR 空間花装飾
2015年(農林水産大臣主催パーティー)
生花パフォーマンス
2017年(アトレ恵比寿)
エビニスタ BAR 空間花装飾
2018年(角川シネマ)
コンサート制作発表会 / 犬神家オマージュケーキ制作
2018年(第一回ミス日本祭)
空間花装飾 / インスタスポット
2019年(B.LEAGUE AWARD SHOW)
空間花装飾
Movie
2015年(東宝)
「人生の約束」竹野内豊、江口洋介、松坂桃李、ビートたけし、西田敏行
2018年(東宝)
「祈りの幕が下りる時」阿部寛、松嶋菜々子、溝端淳平、山崎努、及川光博
2019年(東映)
「翔んで埼玉」二階堂ふみ、GACKT、伊勢谷友介、ブラザートム
商品一覧はこちら